素敵な紹介文を作ってもらいたい!ゼクシィ縁結びエージェント 婚活プラン作成面談のポイント

今回は、婚活プラン作成面談と、作っていただいた紹介文(レコメンドレター)について記載します。

コーディネーターさんに素敵な紹介文(レコメンドレター)を作ってもらいたい!

そのために、婚活プラン作成面談ではどういうことを気を付ければいいのか?

自分が工夫していたこと、過去の自分にアドバイスしたいことにフォーカスを当てます。

※ 全体の流れは、以下のまとめ記事をご参照ください。

ゼクシィ縁結びエージェント 入会手続きの流れ(まとめ)|無料カウンセリングからお相手検索できるまで

結論:飾らない自分を出すこと

婚活プラン作成面談では、
  • プロフィールシートについて、丁寧にフィードバックと提案をいただけます。
  • 紹介文のために、女性目線でアピールポイントや特徴をヒアリングされます (笑)

紹介文では、
  • 丁寧に紹介いただけます。紹介文で、上手くプロフィールシートの補足もいただけます。
  • ただ、ヒアリングにて飾らない自分を出すことが大事です。

理由(体験に沿って説明)

婚活プラン作成面談での体験

まずはプロフィールシートを提出。

(実際に書いた内容は、前記事をご参照ください。)

コーディネーターさん
コーディネーターさん

・・・・。

しののめ
しののめ

(どきどき)

コーディネーターさん
コーディネーターさん

うん、いいですね!文章もキレイです。

しののめ
しののめ

ありがとうございます。

しののめ
しののめ

(わーい)

ひとまず誉めてもらいました。

最初はお世辞かなと思いつつ、1か所以外はそのまま採用となったので、あながちお世辞でもなかったのかなと嬉しくなりました。

公式HPを見ると、いろいろとチェックポイントは設けられているようですし。

 

ただ、ここで改めてプロフィールシートを書くにあたって大事だと思うポイントを挙げておくと、

前記事からの繰り返しになりますが、

自分の心からの思いを書くこと

に尽きると思います。

 

なぜか?

前記事では、

価値観のマッチングがしやすくなる」

自然とアピールポイントになる」

というのを理由として挙げました。

それに加えて、心からの思いを書けば、その思いを尊重したうえで、紹介文にて補足いただけるからです。

 

具体的にどういうことかというと、たとえばプロフィールシートの「これからやってみたいこと」という項目。 

ぼくは次のように書きました。

これからやってみたいこと
英語の勉強。
現職では海外とのやり取りも多く、貢献できることを増やしていきたいと考えています。

セオリーの1つは、「2人でやってみたいこと」を書くらしいです。

もちろんそれも1つだと思いますが、ぼくがそのとき本当に「やってみたいこと」と思っていたのは上記の通りでした。

これを受けて、紹介文では、以下のように補足いただきました。

まず、長所として評価。

とてもお仕事に前向きに取り組まれています。

そして、別の一文では、「2人で家庭を築き上げていきたい」という思いがあることを補足いただきました。

お互いに尊敬できる夫婦関係を築いていきたいと話されていました。

伝わる文章を書く能力について

このプロフィールシートを書くために、文章術の本を読むまでの必要はないと思います。

ただ、文章を書く力というのは、これからの人生、どこでも必要となります。

この機会に1冊読むのも悪くないとも思いました。

 

自分自身について言うと、文章で表現する力は一定の思いがあったため、

この能力もプロフィールシートでアピールできないかな、という色気はあったりしました。

(まぁ、とはいえ、まだまだ至らぬ文章を書いている自覚はありますけれども……)

ちなみに、完全に余談ですが、「一定の思い」を持ててる理由は、

たくさん書いて、たくさんレビューをもらった経験があるからです。

前職の昇進試験の勉強で、法律論文とともに、社会問題に関する小論文をかなりの本数書きました。

3年間、続けましたかね…1本2,000字を合計100本くらいです。

法律論文と合わせると200本。

社会問題のテーマごとに2~3冊くらいの本を読んで書いてました。

そして、それを毎週、複数の人に読んでもらって、レビューを受ける。

有志の勉強会で、しこたま先輩方にボコられてました。

 

なので、まぁ、20代のときよりも読みやすい文章にはなっているのかな、と。

どこでどういう経験が活きるかわからないものですね。

(かんわきゅうだい)

1か所、修正の提案を受けました。

コーディネーターさん
コーディネーターさん

「嫌いなこと・苦手なこと」の項目ですが、日常のものでありませんか?

コーディネーターさん
コーディネーターさん

もちろん、書いていただいた内容も素敵なのですが、少しとっつきづらくなると思いまして。

しののめ
しののめ

なるほど…。

しののめ
しののめ

うーん…そうですね。女性の心がわかりません。女性慣れしていないですし。

コーディネーターさん
コーディネーターさん

まぁ、それはだいたいの男性、お分かりでないですよ☆

そうですか……。

書かない方がいいのか、書いても仕方ないのか。

そのあたりは分かりませんが、ボツ案ということですね。

しののめ
しののめ

あとは、なんでしょう…。あ、エンジニアって、多くの人がゲーム好きで得意ですけど、僕は不得意です。嫌いではないんですけど。

しののめ
しののめ

子どものころから、マリオカートではよく逆走します。レインボーロードとか完走できる気がしません。

しののめ
しののめ

あ、ただ、リングフィットアドベンチャーはやり込めます(笑)

コーディネーターさん
コーディネーターさん

それいいですね。親しみが持てますし、それを書きましょう!

しののめ
しののめ

( そんなものですか(笑) )

しののめ
しののめ

分かりました!

という流れで、「ゲームが苦手」というプロフィールになりました。

他に聞かれたことは、

  • 一人暮らしですか?いつからですか?
  • 子どもは欲しいですか?
  • 共働きと専業主婦、どちらになって欲しいか希望はありますか?
  • 転勤はありますか?
  • 実家は関西ですか?帰られたりしてます?
  • (あと何か実家のことや、両親の話を聞かれた気がします)

答えは以下の通り。

  • 一人暮らしです。大学1年生からです。
  • 授かりものですが、できれば子どもは欲しいと考えています。
  • 共働き、専業主婦、特に希望はありません。パートナーの好きなように。
  • 転勤は、ほぼありません。社員のほとんどは関西にいます。
  • 実家は関西です。2~3か月に1度くらい、顔を出しています。
  • 親は商社マンでした。定年退職済み。母親は専業主婦。
  • 幼少期は東南アジアにいました。
  • 年に1度くらいは、家族で旅行に行きます。
  • 父親は、子どもの頃は厳しかったです。
  • 勉強面も、生活面も、よく怒られてました。
  • 小学校から私立で、中高一貫校に進学しました。

婚活のコーディネート上、関係あるのかないのか、よく分かりませんが飾らず答えました。

特に答えづらいと思うものもありませんでしたし。

大事なのは、

この「飾らずに答える」というポイントだと思っています。

理由は2点。

  • パーソナリティのマッチングのため、ウソで飾ると、ウソの自分でマッチングしてしまう。
  • さすがにアクが強すぎたら、やんわりアドバイスをいただける

なので、素直に、飾らずにお伝えするのが良いと思います。

なお、礼儀正しさだけは、常に意識して接することを意識していました。

それさえ守れば、あとは素直にお話するのがベストだと考えています。

作成いただいた紹介文

婚活プラン作成面談を受け、以下の内容の紹介文をつくって頂きました。

  • 礼儀正しい。
  • 仕事に前向きで真摯。努力家。
  • 一方で、親しみやすい雰囲気がある。友人も多い。
  • 一人暮らしが長く、家事も一通り慣れている。
  • 夫婦2人で、深い信頼のある家庭を築いていくことを望まれている。

なんだか、とても面痒いんですが、正直うれしかったです。

まとめ

婚活プラン作成面談では、ていねいにプロフィールシートをレビューいただけます。

そして、その内容をふまえて、結婚観を深掘りしてヒアリングされます。

ヒアリング結果をもとに、プロフィールシートを上手く補足して、紹介文をつくっていただけます。

 

素敵な紹介文をつくっていただくためにも、

  • 礼儀正しくも、
  • 飾らず素直に、
  • 心から大切と思うことを答えましょう

というのが、「僕が心がけていたこと」「過去の自分にアドバイスしたいこと」です!

 

婚活されている方が、ご本人の魅力が伝わるプロフィールとなりますように。

そして、それが一助となって、良きパートナーを得られますように祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA