何人に会っても仮交際に進めない!次の扉を開けるために。(後編)

仮交際がなかなか成立しない!!!

せっかくファーストコンタクトが成立したのに、次の扉が開かない!!

何人に会っても、全く仮交際に進まぬっ!

という男性向けの記事、後編の「エスコート」編です。

 

「エスコート」という言葉を聞くと、

婚活男性
婚活男性

いきなりそんな高レベルプレーヤーの通常技を求められても…

という気持ちになります。わかります。

(ならない方は、高レベルプレーヤーなので、記事を読み飛ばしてください!)

大丈夫です。

「察してスマートに動く」そんなの無理ゲー、という方の参考になれば幸いです。

 

結論

男性脳は「察して動いてよ」と言っても無理だが、「それが任務。ルールはこれだ」と納得してしまえば抜かりがないのである。

欧米のレディ・ファーストは、よくできていると思う。女が嬉しがる「気の利いたフォロー」を、男の責務として課してあるのだもの。

「キレる女、懲りない男」著:黒川伊保子 より抜粋

婚活前に友人に勧められた本で、大変勉強になりました。

以下を”任務”と思っていただければ、スムーズに行く可能性大です!!

大きく分けて2点、コミュニケーションお見合いのセオリーについて。

清潔感に加えて、この2つを押さえるだけで、打率が目に見えて改善します。

コミュニケーション

婚活や転職を通じて、自分が大事と思ったコミュニケーション上の「任務」は以下です。

  • 相手の話を聞き、いいですね!」と思うものを見つけること。
  • 見つけたら、素直に「いいですね!」と言うこと。

そうすることで、「大切に思っていること」が通じ合えるか、見えてきます。

お見合いのセオリー

  • 挨拶は自分から。
  • お店は事前に調べ、お店へリードする。
  • 歩くペースはゆっくり、車道側を歩く。
  • 奥の席に座ってもらう。
  • 会計は相手がお手洗いに立った時に済ませておく。
  • 気温や時間を気遣う。
  • 最後は謝意を。

ベタベタなのかもしれません。

でも、妻や、(現在婚活中の)妹にもヒアリングしましたが、

「大したことでもないかもしれないけど、やっぱり印象の良さが違う。

「というか、押さえている人、正直、かなり少数に思う。

とのことでした。

詳細

コミュニケーションについて

まずは、相手の話をよく聞くことと思います。

次に共通点探し。

ただ、単純に共通点を雑談の中からピックアップするよりも、個人的には一歩踏み込んで、以下を意識すること。

それが、自分と価値観の合う人を見つける大事なポイントと思いました。

  • 自分がいいですね!」と思えて通じ合うものを、相手の中に見つけること。

 

そうして通じ合うものがあったら、自分の話を1~2割。残りは相手に話してもらう。

もちろん通じ合うものがなかなか見つからず、困ることはあります。それはもう割り切る。

そして、

  • 通じ合うものがあったら、嬉しそうに「僕もなんです!」と言う。

「言う」ことがとても大事です。

恥ずかしくても良いから、言ってみてください。

ほとんどのお相手は喜んでくれて、成功体験となります。

たとえば、妻とは、以下のような話をしました。

  • カフェ
  • 読書
  • 仕事で頑張ったのに上手くいかなかったときの気持ちの整理。

1つ目は、「休日なにされてますか?」という鉄板の質問からです。

未来の妻
未来の妻

穴場のカフェを見つけるのが好きで。

しののめ
しののめ

いいですね!静かな時間を過ごせる、お気に入りの場所って安らぎます。

2つ目は、そのままの流れで「カフェではゆっくりされるんですか?」と聞き、

未来の妻
未来の妻

本を読んでいることが多いですね。一人の時間を作るというのも大切と思っていまして。

しののめ
しののめ

いいですね!!自分と向き合う時間があると、感性がクリアになる感覚ってありますよね。

この会話が真剣交際のときに話す前振りとなったのですが、結婚してもお互い一人の時間を持つようにしたい、というライフスタイルが一致しました。

 

3つ目は、お互い会社員ですが、「いろいろと頑張ったのに上手くいかなかった」経験をともに持っていたので盛り上がりましたね。

未来の妻
未来の妻

寸暇を惜しむほど精魂尽くして結果を出したのに、人事評価が報われなかったんですよねー…

しののめ
しののめ

あー…わかります。ただ、転職を2回して思ったのは、頑張った経験はどこかで必ず報われますよ。

この話題では、お互いに励まし合うような感じでした。

結婚後も、互いに仕事で疲れても、会話の中で自然と励まし合うことが多いです。

お見合いのセオリーについて

■ 挨拶

色々なところで言われている通り、第一印象はとても大切です。

前記事にまとめた「清潔感」を整えたうえで、笑顔で自分から挨拶をすれば、容姿に3割のバフが付きます。

何人に会っても仮交際に進めない!次の扉を開けるために。(前編)

■ お店について

ランチやディナーのデートではありませんが、初対面のファーストコンタクトだからこそ、お店を調べたうえでリードすることが大事です。

「エスコート」と言うと(以下略

大丈夫です。

お店を調べて、お連れするだけです。

ただ、歩くスピードにはお気をつけて!

ファーストコンタクトに使えるお店の情報は、以下の記事をご参照ください。

ゼクシィ縁結びエージェント ファーストコンタクト おススメのカフェ(大阪 梅田) ゼクシィ縁結びエージェント ファーストコンタクト おススメのカフェ(心斎橋・難波) ゼクシィ縁結びエージェント ファーストコンタクト おススメのカフェ(京都駅・四条烏丸~河原町)

■ 歩くペースはゆっくり。自分は車道側を歩く。

オシャレに身なりを整えてきていただいた女性ほど、歩きにくいかったりします。

また、当たり前ですが、そもそも歩幅が違いますしね。

 

多少ぎこちなくても、車道側に自分が出ることを習慣にしていたら、妻は嬉しそうにその出来事を妻の妹に話していました。

スマートでなくても、行動が大事なんだなと思います。

■ 奥の席へ

偉大なる女性誌、CanCam先生曰く、46%の女性が「ちょっと嫌だ…」らしいですので…。

■ お会計は女性が席を立っている間に

まず、言うてお茶くらいなので、男性側が負担しましょう。

上記に紹介したお店であれば、リッツカールトンなどでもないので、知れているお値段ですし。

そのうえで、もし女性が席を中座されることがあれば、その間にお会計を済ませておくと好感度が上がります。

ベッタベタですけど、やはり嬉しいらしいです。

大事なお見合い相手と見てもらえている、という意識になるというのもあるらしいですが、

もう一つ大きな理由は、

  • お約束のやり取りをカットできるから。

レジ前での押し問答「おいくらですか?」「いえ、大丈夫ですよ。」「いや、でも…」というヤツですね。

女性としても、助かるそうです。

■ 気温や時間

<気温>

繰り返しますが、「察する」ことが苦手な男性脳。

その傾向が強い男性は、女性の体調に気を配ることを「任務」に入れておくのをおススメします。

多くの場合、Win-Winの「任務遂行」です。

その一つが気温。

おススメのカフェ心斎橋編で紹介したお店がその一つでしたが、お店によっては冬場、天井が高くて寒かったり、夏場の冷房が効きすぎているところがあります。

婚活男性
婚活男性

寒くないですか?毛布、頼みましょうか。

ゼクシィ縁結びエージェント ファーストコンタクト おススメのカフェ(心斎橋・難波)

 

<時間>

お見合いのダブルヘッダーを入れている女性もいれば、せっかく都心まで出てきたので友人との約束を入れている人もいます。

実際、婚活は凹むことも多ければ、初対面の人と会う緊張もあります。

ストレスコントロールはとても大事で、自分もお見合いの後に遊びの予定を入れてました。

友人と行きつけのお店に日本酒を飲みに行ったり。

また、盛り上がって、楽しく自分が話しているつもりでも、相手は合わせてくれているだけの時もあります。

とても悲しいですが…それは女性の思いやりですので、その可能性も鑑みて伺ってみるのが良いと思います。

婚活男性
婚活男性

〇〇さんとのお話がとても楽しく、気づけばこんなお時間ですね。お時間、大丈夫でしょうか。

■ 最後は笑って謝意を

テンプレでもいいから、笑う意識を強めて、

婚活男性
婚活男性

楽しかったです。ありがとうございました。

と。

笑顔でしっかりした声で言えば、お互いに気持ちよくなります。

会社のプレゼン研修でも学びましたが、途中に不快な出来事がなければ、人は最初と最後をもっとも覚えているとのことです。

まとめ

ベッタベタでもいいし、ぎこちなくてもいい

照れずに「任務」として、遂行してみてください。

我ながらスマートさに欠ける「遂行」だな…と思っても、意外なほど打率が上がります。

自分のゼクシィ縁結びエージェントの担当さんや、妻や妹の声を聴く限り、婚活アプリでなく婚活エージェントの男性は、この「任務」ができていない人が多い様子でした。

(婚活アプリは、恋愛偏差値の高い一部の男性が総取りしていくのでしょうね…)

逆に言うと、これら↓を遂行するだけで80点クリアです!!

  • 相手の話を聞き、いいですね!」と思うものを見つけること。
  • 見つけたら、素直に「いいですね!」と言うこと。
  • 挨拶は自分から。
  • お店は事前に調べ、お店へリードする。
  • 歩くペースはゆっくり、車道側を歩く。
  • 奥の席に座ってもらう。
  • 会計は相手がお手洗いに立った時に済ませておく。
  • 気温や時間を気遣う。
  • 最後は謝意を。

以上、次の扉が開く一助になれば幸いです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA