どれを選べばいいの?マッチングアプリ?結婚相談所?自分に合った婚活サービス

世の中には、いろいろな恋活・婚活サービスが多くあります。

一昔前では考えられないほど、婚活サービスは多様化しました。

その結果、「出会いが欲しい!」と思っていても、

「どれを選べば…?」と思われている方も多いのではないでしょうか。

 

僕は、マッチングアプリも、街コン、合コンも、友人の紹介も、婚活エージェントも、全部あたってみました。

街コンは、5つほど参加。

マッチングアプリは、Pairs・With・クロスミーを利用。

合コンは……まぁ、人並みに参加して、実りは全然なく、という感じでした。

(2週に1回のペースで4~5か月くらいだったと記憶しています。)

最後、婚活エージェントを使って、妻と出会って今年(2021年)結婚しました。

その経験を踏まえ、どういう考え方で選べば望む出会いに近づくのか、僕なりに気づいた点をこの記事で書いていきたいと思います。

婚活に興味があるけど、どのサービスを利用しようか迷われている方などの役に立てれば幸いです。

結論

次の2つを意識して選ぶのが良いと思います。

  • 自分の強み。
  • どういう人と出会いたいか。

理由

自分の強み

これは、前の記事でも書いた通り、自分が勝てるフィールドで戦うことが大事だと思うからです。

婚活に勝ち負けという言葉を出すのは、なんだか殺伐としてアレなんですが、変に劣等感を感じなくてすむフィールドということです。

例えば、

仲の良い友人がいるなら、
➡ 友人に異性を紹介してもらったり、その友人と一緒に合コンに参加したり。

なにより、アウェイ感がありません。
そして、仲の良い人間関係は1つの財産で、誇れるものだと思います。
誰かに紹介してもらえたり、誘ってもらえる人というのは、それだけで一定の信頼感があります。
容姿にある程度の自信があるなら、
➡ マッチングアプリを使ったり、街コン、お見合いパーティーに参加したり。

男性側からすると、これらはマジでイケメン向けと思いました。
没頭している趣味や活動があるなら、
➡ 同じ趣味限定のお見合いパーティー(例えば、漫画しばりとか)に参加したり。

最初から仲良くなれますし、スポーツ系ならカッコイイところを見せられます。
友人がゴルフのそれに参加してましたが、僕なら確実に誰かの引き立て役にしかならないなと思いました。
収入や職業の安定性がアピールポイントになるなら、
➡ 職業限定のお見合いパーティーに参加したり、結婚相談所や婚活エージェントを利用したり。

結婚は「2人で生活していくこと」と言われますし、結婚の意識が強いサービスほど、アピールポイントになりますよね。

僕の場合は、自分の強みは以下と考えていました。

  • 安定した雇用形態(まじめなサラリーマンです。これだけで十分に強みだと思ってます。)
  • 同年代平均よりもやや多めの収入(転職2回で、けっこうアップしました。)
  • 一人暮らし歴が長め(家事は一通り、前向きに取り組めます。)
  • 関西勤務(転勤の可能性がかなり低いです。)

3つ目と4つ目は後から教えて頂いたことで、サービス選びの段階では1つ目と2つ目を活かすことを考えました。

(婚活エージェントの人に魅力的なポイントだと指摘されました。)

それらを活かせる候補の1つが、婚活エージェントだったというわけです。

だって、まぁマッチングアプリとかじゃ、全然会うことすらできないんですよ……(泣)

どういう人と出会いたいか

有名なJ-POPの曲の歌詞に、「年齢、住所、趣味に職業」というのがあります。

これは分かりやすい要素ですが、他にもいろいろな切り口があると思います。

<結婚への温度感>
高い ➡ 結婚相談所・婚活エージェント
ぼちぼち ➡ マッチングアプリ・街コン

特に街コンは婚活よりも恋活寄りだと思います。
アウェイ感、すごかったなぁ ...( = =)トオイメ
<好みが合うか>
例えば、グルメ、スポーツ、音楽、動物、映画 etc.

友達感覚から始めて、気軽に遊ぶ楽しさを経ていきたい、
ということなら、マッチングアプリ(特にペアーズやwithあたり)だと思います。
僕は↑の感覚ではなかったので、望む場のカラーでなかったのだと学びました^^;
<既婚者がいないか>
結婚相談所や婚活エージェントだと、独身証明書を提出する必要があるので、既婚者はいないです。
<受けてきた教育>
受けてきた教育が近いほうが話が合いやすい、と言います。
色々な意見があるとは思いますが、個人的は、ある程度「せやな。」と思いました。
このポイントが気になるなら、結婚相談所や婚活エージェントが選択の1つになります。

僕の場合、いろいろと「違うな…」という場を経て、ようやく以下のイメージを持つに至りました。

  • 結婚の温度感が高い人(まぁ……僕が温度感高かったので。)
  • 仕事に前向きな人(お互いの存在が励みになる人がいいなぁ…と思ってました。)
  • 育った環境が近い人(これは、なんとなく程度の思いでした。)

これらを求めることができる場、そして求めていることを示せる場は、婚活エージェントっぽいなと思って選びました。

(婚活エージェントなら、「仕事に前向きな人がよくて、なんとなく育った環境が近い人がいいように思っています。」と担当さんに伝えられます。)

結果として、その選択で実を結ぶことができました。

まとめ

選ぶ出会いの場 = 自分の強み × 出会いたい人

僕の場合は、

自分の強み(雇用・収入・家事・転勤の少なさ)
 ×
出会いたい人(結婚の温度感が高い人・仕事に前向きな人)
 ||
婚活エージェント

婚活を考えられている方の、素敵な一歩につながれば幸いです。

 

※本記事の補足として、自分の体験をもとに、以下のケースを書きました。

真面目が取り柄の30代男性が、結婚の温度感の高い人と出会いたい場合婚活エージェントを選ぶのがおススメ」

本記事と併せて、ご参考になればうれしく思います。

真面目が取り柄の30代男性|おススメの婚活サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA